よそ者目線で飛騨高山のあれこれを紹介します!

リスの森でかわいいリスと触れ合いました(*´▽`*)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年10月上旬に高山市松倉町にあるリスの森に行ってきました 🙂

高山市街地から、車で15分くらいです。入園料は大人780円、子供(中学生以下)は380円です。

開園時間は、午前9時から午後5時。月曜日が休みですが、月曜日が祝日の場合は翌日が休みになります。冬季の12月1日から3月14日までは休園です。

屋根があるので、雨天でも心配ありませんね 🙂

ここには、シマリスとエゾリスがいます 😀

シマリス⇩

主に北米大陸に生息しています。背部に5本のしま模様があります。地中のトンネルや木の洞に巣を作って暮らしています。秋から冬にかけて冬眠します。

エゾリス⇩

漢字で書くと蝦夷栗鼠北海道に生息します。背中の毛は夏は焦げ茶、冬は茶色がかった灰色で夏毛の2倍になります。耳に長い房毛も生えます。木の上で生活し冬眠はしません。

園内の雰囲気は、このような感じです。⇩

一袋100円の餌を買います。

手の平に餌を乗せると、リスが寄ってきて、餌を食べます 😆 超かわいいですね(*^^*)

シマリスのムービーです⇩エゾリスが乱入してきます 😆

エゾリスは人間に警戒心が抱かず、どんどん寄ってきます。人間を木だと思っているのか、しゃがんでいると背中に突然乗ってきたり 😯 襟の中に木の実を隠そうとします 😆 本当に面白くて、かわいいです(≧▽≦)

エゾリスのムービーです⇩

休憩中?のエゾリス⇩

シマリスと対峙しました 😆

シマリスが逃げましたね 😆

昨年の秋は、カメムシが大量に発生しており、リスの森周辺は、カメムシだらけでした :mrgreen:

こんなに大きなクモもいました⇩と言っても、写真ではサイズがわかりませんね(^-^;全然関係ないのですが、高山の虫は、ハエもカミキリムシもサイズが大きくてびっくりします 😯 ゴキブリが滅多にいないのは助かりますね 😛 アブラゼミが全然いないのも驚きです 😯 夏はミンミンゼミの鳴き声しか聞こえてきません。大自然に溢れる地域では、虫の生息状況も違うのですね 🙄

話が脱線しましたが 😛 リスの森では、かわいいリスと触れ合って、とても癒されました 😆

休園中にこの記事を公開するというのが個人的には申し訳ないと思いますが、ホワイトデーの次の日からオープンするので、是非行ってみて欲しいと思います 😀

飛騨山野草自然庭園 リスの森

〒506-0034 岐阜県高山市松倉町2351-7

TEL0577-33-9232

入園料 大人780円 子供(中学生以下)380円

開園時間 午前9時から午後5時

月曜定休 祝日の場合翌日

12月1日から3月14日までは休園

春と秋に臨時休園あり

”岐阜県高山市松倉町2351-7”
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© miniglobe.の飛騨高山まんきつ記 , 2018 All Rights Reserved.

Translate »