よそ者目線で飛騨高山のあれこれを紹介します!

飛騨牛ステーキ⑧高山グリーンホテルで3種食べ比べ

2018/03/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、高山グリーンホテルの飛騨牛ステーキを紹介します 😆

高山グリーンホテルには、仕事帰りにたびたび行っているのですが、しばらく行っていない内に「飛騨物産館」が変わっていました 😯

敷地内で移転し、完全にリニューアルしていました 😯

これが移転前の飛騨物産館です。

そして、これが移転後の飛騨物産館です。

移転前よりフロアが狭くなりましたが、照明が明るくて、レイアウトがシンプルで見やすくなりましたね 😉 ここでは、飛騨高山のお土産は何でも揃います 🙂

仕事帰りにお土産屋には用は無いので、チラッと見て、立ち去りました。

目的のお店、ステーキと欧風料理の店「サミット」へ行きましょう 😀

展望階直通のエレベーターの横には、飛騨牛のランクはA5だと書かれています 🙂 期待が高まりますね 😉

「雄大な北アルプスを望みながら」と書かれてはいますが。

展望階とは言え、9階なので、高い場所という感じがしません。

私は、特別に景色が良いとは思いませんが、どうでしょうか 🙄

「サミット」のエントランスです。

店内の雰囲気は、このような感じです。

このお店の飛騨牛ステーキは、モモとサーロインとヒレの3種があります。

平均的な値段といった感じでしょうか。

飛騨牛ヒレステーキ150g(税込8,300円)と洋食セット(税込300円)を注文しました。

焼き加減は、レアで注文しました。

飛騨牛のヒレA5は、このお店で初めて食べました。

おお、なるほど!という感じです 😆

サーロインより脂肪分が少なく、あっさりしており、上品な味わいです 🙂

もちろん、とても柔らかいです 😆

サーロインは、柔らかいものでも弾力感が強いので、何度も噛まなければいけませんが、

ヒレは、肉の繊維がホロホロと崩れる感じなので、とても食べやすいですね 😆

別の日に、飛騨牛ステーキ食べ比べコース(税込9,180円)を注文しました。

メインのステーキは、ヒレ、サーロイン、モモが50gずつ出てきます 😀

前菜、スープ、サラダ、デザートも付くので、いろいろと楽しめます 😆

サラダは、地元の小屋垣内農園で採れた野菜が新鮮でシャキシャキです 😳

バーニャカウダーソース(アンチョビのソース)とアーモンドドレッシングと赤カブ自家製マヨネーズの3種類に好きなように浸けて食べます。

このソースとドレッシングがとても美味しいです 😆

メインのステーキは、左から順に、ヒレ、サーロイン、モモです。

それぞれのアップと断面です。

ヒレ

サーロイン

モモ

このコースは、色々付いて、お得だと思っていたのですが。

肉を食べて、一気に気持ちが冷めてしまいました 😥

以前に食べたヒレとは大違い。筋が多い部分で、まさに端切れという感じです。

サーロインも、単品ステーキの端にあるような脂身の多い部分です。鮮度が低いのか、身も脂身も硬いです。脂身は噛み切れずに残しました。

モモについては、新発見の美味しさでした。脂肪分が少なく、ちょっと硬いですが、独特の弾力があり、旨味も悪くないです。

食べ比べコースには、落とし穴がありましたね :mrgreen:

単品ステーキの端切れをセットで出しているという感じで、残念でした 🙄

ということで、私なりの結論としては、

食べ比べコースはダメ。

単品のヒレはリピートあり。

単品のサーロインは、注文するのが恐い。

単品のモモは、食べてみる価値がありそう。

という感じです 🙂

長くなりましたが、以上です 😉

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© miniglobe.の飛騨高山まんきつ記 , 2018 All Rights Reserved.

Translate »